Face to the Sky

Face to the sky…空を見上げて

Face to the sky…空を見上げて

傲慢で自由で刹那的だった20代前半

仕事時間が生活の中心で、常に急いでいた20代後半

仕事も、恋愛も、結婚も、子育ても、ただ時の流れにもまれながら前だけみていた

小さな世界だけ、みていた

 

それでもまだ、何かを感じる心は残っていたのかもしれない・・・

今の状態よくないなって感じ始めたら、リセットする機会はちゃんと訪れた

ちょうど娘が年長卒園間近~小学生へと上がるころ

初めて、子供のために時間を使うようになった。新しい仕事はそれを十分許容してくれるものだった

もちろん、収入は激減で、いまなおギリギリの生活は続いているけれど

それでも、かけがえのない素晴らしい時間をその後過ごせている

(きらきらばかりじゃないよ、もちろん。母娘バトルは日常茶飯事だし!)

 

自転車に乗り、わき目も振らず飛ばしていた道を、歩いて発見する街並みやお店

すれ違う時に、ちょっと待って譲り、「ありがとう」と言われて面映ゆい感覚

赤信号を待っている間に眺める景色や空・・・

やさしい気持ちで心が満たされる

「ちょっとだけ立ち止まって。空を見上げてごらん。」

昔から空を眺めるの好きだった

忘れていたそのことを思い出した

思い出して見上げた空に、視界の端に、変わらずそこにある太陽を感じた

そして思ったの

「私たち人間だって、太陽からみればアリンコみたいなもの

いがみ合って、戦争とかしちゃったり、地球壊しかけたり

ほんのまばたきの一瞬にも満たない人生を、そんなもったいないことしてなにやってるんだろう」

 

「ちょっとだけ立ち止まって。空を見上げてごらん。」

 

感じてほしい

もっともっと大きな世界を

思い出してほしい

もっともっと大切な何かを

ふと立ち止まると見えてくること、あるんじゃないかなと思う

 

私は、そう思っている

娘も大きくなったから、そろそろ私も、再始動

でも今度は猛烈ビジネスマンじゃない

私にできることは、小さな小さなことでしかないけれど、

おかしくなりかけているこの世の中

思いやりと想像力が欠如している恐ろしい現実世界に

人は人と、自然と、地球と、

やさしさをもって共生できる、そんな世界を目指す人が少しでも増えるよう

情報発信をしていきたい

 

H26.10.13

Comments

Be the first to comment.

Leave a Reply

*



次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>